2020.03.24更新

最近四十肩・五十肩の患者様が増えています。

四十肩・五十肩でも夜間痛という

就寝中の肩の痛みで寝られない方も多くいらっしゃいます。

最近の研究でその夜間痛という症状は

肩周辺の血管量が増えることによって

起こっているのではないかと言われています。

ということはその血液量を減らしてあげれば

夜間痛が消えるということですよね!

ではどうやって血液量を減らすかといいますと

肩の周りの特殊な運動をして

筋肉を収縮させ血管を圧迫し血流量を減らすというものです。

この特殊なトレーニングについては

来院して頂きご指導させていただくか

今後、五ノ神接骨院のアプリで配信する予定です!!!

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.03.18更新

先日1メートルの高さから転落し

右手を着いて負傷された患者様が

来院されました。

腫れは左右と比較すると少しだけ右手首

が腫れていました。

橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端に圧痛と介達痛があり

骨折を疑い超音波検査をしたところ

僅かに骨表面に段差がありました。

すぐに固定し対診していただいた結果

同部位の骨折が認められました。

手を使う仕事ということですが

最低約1ヵ月は作業が難しいと考えます。

しかしなるべく復帰する際には

100%で出来るよう微弱電流治療器や

徒手療法を早期より行い回復させたいと

考えております!

投稿者: 五ノ神接骨院

メールでのお問い合わせはこちら