骨折・脱臼

骨折で最も多いのは指の骨折と手首の骨折です。

また鎖骨の骨折、肋骨の骨折、足の外くるぶしの骨折、足のゆびの骨折も多いでしょうか。

まずは骨折しているかどうかの判断がしっかりしていなければなりません。

そんなに痛くないからと捻挫や打撲程度に考えていたら

実は骨折していたということは多々あります。

ですからまずはしっかりとした骨折かどうかの判別(鑑別診断)をする必要があります。

当院では超音波観察装置を用い骨折が疑わしい場合は連携病院に送り、医師にレントゲン等で診断していただきます。

脱臼は早期に整復(元に関節に戻してあげる)をしなければ手術や麻酔をして整復することになります。

痛みはもちろんですが神経損傷や後遺症になる場合もございますのでしっかりと判断し治療しましょう!

 

 

メールでのお問い合わせはこちら
top_bn13_spimg.png

新着情報

一覧へ >
2019/07/06NEW
足関節の固定法
2019/05/18NEW
足関節の固定法
2019/04/20NEW
膝の拘縮
2019/04/12NEW
GW休診のお知らせ
2019/03/27NEW
腱鞘炎(ド・ケルバン病)