2020.04.04更新

コロナ対策と致しまして

待合室が密集するのが気になる方は

平日 12:30~14:30

土曜日 13:30~21:00

日曜・祝日 8:00~21:00

の予約施術(期間限定)を行うことといたしました。

専用ダイヤルをご用意しておりますので

日曜日や祝日や時間関係なく下記までご連絡してください。

専用ダイヤル(期間限定) 

090-6479-9920

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.03.24更新

先日、手をついて手首周囲を怪我された方がお越しになりました。

 

検査を行い、橈骨(前腕の骨の親指側の骨)の遠位端骨折の疑いがあり、整形外科に紹介しました。

 

骨折の診断と、施術の同意を頂き、五ノ神接骨院で処置及び施術を行なっています。

 

怪我当初は腫れが強く出るため、ギプスシーネという、ギプス包帯を折り重ね板の様にしたもの(いわゆる添え木)を患部に合わせて作成し、包帯で止める固定をしました。

 

腫れが落ち着いてきたため、より安定させる為にシリンダー固定(ギプスを包帯のように巻いて固める固定)に変更しました。

 

五ノ神接骨院には、骨折に対しても効果の発揮する微弱電流治療器のアキュスコープ・エレサスという機械があるので、治癒までの期間を短くできるよう、積極的に施術を行なっております。

 

今回は、シリンダー固定したギプスの一部をカットし、患部に電気治療を行えるように加工しました。

 


五ノ神接骨院にはギプスカッターもあるんです!

 


これは振動による摩擦で硬い物を切る物で、皮膚などの柔らかいものに触れても切れないカッターです。

 

ギプスカット

 

かなり大きい音が出ます!

 


切り取ったところは施術後に再度はめ込み、テーピングで外れないよう固定するので、患部の安全性も保たれます。

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.02.23更新

肘

 

 

先日、お子さんで腕を痛がって動かさなくなってしまったという方が急患で来られました。

 

発生状況の確認、鎖骨や肩、上腕骨、手関節には異常ないことを確認し、問題は肘関節にあるとしました。

 

骨折を疑う所見がなく、熱感・腫脹がないことから肘内障と考え整復を行いました。整復時、クリック音を確認しています。

 

 

肘内障とは、5歳以下のお子さんに多くみられる橈骨頭の亜脱臼で、橈骨頭を抑える輪状靭帯から逸脱してしまうものです。

 

しっかりと整復されるとすぐに痛みが治まるため、自動運動を開始します。

 

今回の症例でも、整復後にすぐ自動運動を開始しました。

 

 

腕が内側に捻れた(回内)状態で引っ張られた時に発生することが多い怪我ですが、些細なきっかけでも発生することがありますのでご注意ください。

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.02.09更新

手技中

 

皆さまこんにちはhorse
スタッフの鈴木です!


本日は、毎月一回恒例のSPATという新たな施術の獲得に向けた勉強会に参加してきました!

SPATとはSotaiho-based Pelvic Adjust Techniqueの略で、「操体法を基盤においた骨盤矯正法」を意味します。


このSPATは操体法の創設者である故・橋本敬三医師の弟子であった

鹿島田忠史医師が開発した手技です!

今現在学んでいるのは骨盤の矯正です!

側屈、前後屈、回旋の動きの中から歪みを確認しそれぞれにあった

方法で施術、矯正を行っていきます。

非常に難しいですが、反復練習を行うこと約6時間!


体の歪みの改善が可能になってきました。

横に歪んでしまっている骨盤、

前傾してしまっている骨盤と人によって症状は違います。


腰の痛みや体の不調がない方にも歪みはあるかもしれません!

また技術だけではなく、操体原理といった頭を使った勉強もしましたpencil2

操体原理の法則は3つあります
1.気持ちよかったは体に良い

 

2.呼吸、飲食、運動、ストレス管理にそれを取り巻く環境は関連し補い合う関係がある


3.慢性疾患は体の歪みが最初に発生し機能異常が起こる。さらに器質破壊が起こる。

そして治る順番も歪みから改善され、機能異常が回復。器質破壊の修復が行われる。

 

座学、実技共に難しいですね笑

また、来月も頑張ってきます!nico

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.02.09更新

こんにちは

2月9日に横浜で行われたアキュスコープの勉強会に参加してきました。

 

羽村市 五ノ神接骨院にある、特殊な微弱電流治療器のアキュスコープは、アメリカのNASAで開発された治療器です。

 

アキュスコープ

 

簡単にアキュスコープを紹介すると、体の情報を読み取り、その情報によって送る電気を変えることがてきる電気治療器です。また、体が持つ電気と同じ様な電気を送る為、ほぼ刺激を感じることがありません。

生体フィードバックという読取機能があり、細胞がもつ電位を読み取り、その電位に適した電気を送るということを行う為、その人だけに効くオーダーメイドの電気を送ることができます。また、その読み取る→送るという作業を1秒間に200回行うことができる機器です。

非常に効果の高い治療器であるため、多くのトップアスリートが使用しています。

使用方法も特殊で、疼痛部に電気を流すだけではありません。

 

今回は特に、亜急性の腰部痛に効果的な治療方法を学んできました。

 

講師の先生からはTMAポイント療法という治療法を、電極を当てる場所の検査法、当て方、周波数、肢位等を教えて頂きました。

 

亜急性及び慢性の疼痛で、全く関係のなさそうな箇所に疼痛の原因があることはよくありますが、その場所を探すのは大変です。

正しい場所から一本の指先分ズレただけでも効果が薄れます。

その探し方を入念に教えて頂きました。

その後、自分自身も患者役として施術をしてもらい、非常に腰が楽になりました。

 

電療と一言に言っても、機器に対する理解を深めることで効果を高めることができます。

 

アキュスコープの能力を更に引き出せるよう、今後も固定や手技と並行して学んでいきます。

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.01.23更新

1月12日にAR-Ex尾山台整形外科で行われた勉強会に参加して参りました。


今回は足関節の背屈(足関節を上に上げる動作)がしにくい・する時に痛い、という症状や、
足部のアライメントについて学びました。


足関節を背屈する際、距骨は「上方に転がりつつ後方に滑る」という運動を行います。

この運動が上手くいかないと違和感や痛みが前方に生じます。しかし、問題は前方だけではなく、後方にもある可能性があります。


足関節の前方及び後方には、関節包、脂肪体や筋肉などその周囲組織などがあり、他にも骨棘がある場合もあります。
そのどこに問題があるのかを視診・触診などや超音波画像観察装置を用いて見つけていきます。

今回の勉強会でも実際に超音波画像観察装置を使用し、足関節を撮影しました。

前方に対するアプローチでは、脂肪体(距骨前脂肪体)・前脛骨筋・長母趾伸筋・長趾伸筋・第3腓骨筋を観察し、それぞれを徒手にて
モビライゼーションを行い、滑走性をよくします。

後方に対するアプローチでは、脂肪体(Kager`s fat pad)・後脛骨筋・長趾屈筋・脛骨神経・長母指屈筋・短腓骨筋を観察し、
主に長母趾屈筋とその周囲との滑走性を出すモビライゼーションを行います。

 

足関節後方の画像観察

 

この手技後、普段は背屈制限を感じていない私でも、手技を行った足と行っていない足では背屈のしやすさが異なりました。

 

また、足部のアライメントの講習では、前足部・中足部・後足部のそれぞれの運動を学び、3つのアーチをつくる骨・靭帯・筋肉について勉強しました。

 

その後、扁平足の評価方法を学び、参加者同士で測定し合いました。

扁平足に対するテーピングの練習も併せて行い、重度の扁平足の方でも歩行が楽になっていました。

 

扁平足に対するテーピング

投稿者: 五ノ神接骨院

2019.12.22更新

12月21日に、毎月させて頂いている、青梅市こばやし接骨院の先生方と合同勉強会を行いました。

 

本日のお題はコーレス骨折の整復と固定です。

 

コーレス骨折とは、橈骨(前腕の母指側の骨)の遠位端が折れる怪我で、手をついて倒れた時によく起こる骨折です。

 

骨折した時の衝撃で骨折片が転位してしまうことがあり、そのままでは骨がつかなかったり、機能障害を残してしまったりと問題がでます。

 

そのため、正しい位置に戻す整復という処置を行います。

 

術者と助手に分かれて練習

 

整復


整復後、次は再転位を防止するとともに、患部が動揺する事での痛みや接触することでの痛みを抑える固定を行います。

 


骨折後は、出血によりどんどん腫れてしまう為、きつい固定をしてしまうと、血液の循環不全を起こし危険です。


今回行う固定は、その危険性が低く、更に固定力があり、腕尺関節(肘の関節の一部)の動きは可能という固定です。

 

材料はキャストライトという硬くて軽い素材を用います。

 

固定

 

この後、キャストライトが固まるまで待ち、三角巾で吊って完成です。

 


こばやし接骨院の先生方、今回もありがとうございました。

投稿者: 五ノ神接骨院

2019.11.17更新

11月16日に、青梅市にあるこばやし接骨院にお邪魔し、定期合同勉強会を行ってきました。

 

今回のお題は足底板です。

足底板

 

中足骨より遠位の骨折や、リスフラン関節の捻挫などに用いる固定です。

 

この様なケガは、荷重した際に起こる関節や骨の動揺で強い痛みが出てしまいます。

 

その動揺を抑え、骨折していても歩行が可能になるような固定を行なってきました。

 

この固定には、以前にも紹介させて頂いた、プライトンという固定材料を使用しています。

 

熱で柔らかくなり、冷やすと固まる性質の固定材料で、患者様の足にピッタリ合うオーダーメイドの固定具を作ることができます。

 

ピッタリ合う固定であるため違和感が少なく、また、軽いために負担も少ないです。

 

ケガしたら直後から荷重ができるため、筋力の低下も少なくリハビリの期間も少なくなるという、非常にメリットの多い固定です。

 

 

 

足の型取り

 

 

お湯を使い素材を柔らかくするので肌を守るためにアンダーラップをします。

 

足は荷重した時に拡がるので、しっかりと圧を加えます。

 

 

足底板完成です

 

 

プライトンが固まったら、包帯を巻き完成です。

 

足底板・包帯をするので靴を履くことは難しいですが、写真の様なサンダルを履くことで外での歩行も可能となります。

投稿者: 五ノ神接骨院

2019.09.23更新

 

皆様こんにちは!スタッフの鈴木ですhorse

先日SPATという治療法の勉強会に参加してきました!

SPATとはSotaiho-based Pelvic Adjust Techniqueの略で、「操体法を基盤においた骨盤矯正法」を意味します。

このSPATは操体法の創設者である故・橋本敬三医師の弟子であった鹿島田忠史医師が開発した手技です!

医師が手技を開発するのは珍しいことみたいですねpad

このSPATを行うことで、筋肉の循環を改善し、骨盤の歪みを矯正することができます。SPATの具体的手順はまず、腰椎の運動分析(動診)で、体の歪みを判定します。次に操体法によって筋緊張を取り除きます。そして、骨盤矯正により歪みを矯正します。

 

矯正とバキッやボキッといったものではなく、痛みもありません。

 

この手技は、患者様が気持ちよかったと思う事が一番大事です。

患者様の無理のない力を利用するため女性やお子さん、高齢の方々と幅広い方達に適用できます!

 

今後も様々な勉強会に参加させていただきこの手技をマスターしたいと思います!

患者様により良いもの提供出来るよう頑張ります!

 

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2019.08.24更新

肘関節の手技

 

皆さんこんにちは!

 

8/24に青梅市 こばやし接骨院にお邪魔して、月に一度の合同勉強会を行いました。

 

今回のお題は「肘関節」です。

 

 

肘関節と一言に言っても、肘関節は

 

・上腕骨と尺骨(前腕の小指側の骨)から構成される腕尺関節、

 

・上腕骨と橈骨(前腕の母指側の骨)から構成される腕橈関節、

 

・尺骨と橈骨から構成される近位橈尺関節(手首の方に遠位橈尺関節があります。)、

 

以上からなされる複合関節です。

 

今回は腕尺関節と腕橈関節に対するアプローチを勉強しました。

 

 

牽引という方法で、内側上顆炎(いわゆる野球肘)や外側上顆炎(いわゆるテニス肘)など、

様々な肘の痛みを抑えることができる手技です。

 

肘が痛くない我々が手技をやられても、やられた肘とやられてない肘では可動域が異なり、非常に楽になりました。

 

 

また、そのあとは肘の内側側副靱帯損傷に対するテーピングを学びました。

 

エラスティックバンテージという、伸縮性のあるテープを用いて肘の外反を抑えます。

 

スピーディーに巻くことができ、装着感も良いテーピング方法です。

 

装着して投球動作を行うと、投球動作は制限されることなく、肘より先が外に行き過ぎずに守られます。

 

羽村市 五ノ神接骨院では、実際にスポーツ選手にこのテーピングを行なっており、好評を頂いております。

 

 

投稿者: 五ノ神接骨院

前へ
メールでのお問い合わせはこちら

新着情報

一覧へ >
2020/03/24NEW
四十肩・五十肩の夜間痛
2020/03/24NEW
ギプスのカット
2020/03/18NEW
橈骨遠位端骨折
2020/02/23NEW
肘内障
2020/02/23NEW
超音波検査の勉強会