2020.02.09更新

手技中

 

皆さまこんにちはhorse
スタッフの鈴木です!


本日は、毎月一回恒例のSPATという新たな施術の獲得に向けた勉強会に参加してきました!

SPATとはSotaiho-based Pelvic Adjust Techniqueの略で、「操体法を基盤においた骨盤矯正法」を意味します。


このSPATは操体法の創設者である故・橋本敬三医師の弟子であった

鹿島田忠史医師が開発した手技です!

今現在学んでいるのは骨盤の矯正です!

側屈、前後屈、回旋の動きの中から歪みを確認しそれぞれにあった

方法で施術、矯正を行っていきます。

非常に難しいですが、反復練習を行うこと約6時間!


体の歪みの改善が可能になってきました。

横に歪んでしまっている骨盤、

前傾してしまっている骨盤と人によって症状は違います。


腰の痛みや体の不調がない方にも歪みはあるかもしれません!

また技術だけではなく、操体原理といった頭を使った勉強もしましたpencil2

操体原理の法則は3つあります
1.気持ちよかったは体に良い

 

2.呼吸、飲食、運動、ストレス管理にそれを取り巻く環境は関連し補い合う関係がある


3.慢性疾患は体の歪みが最初に発生し機能異常が起こる。さらに器質破壊が起こる。

そして治る順番も歪みから改善され、機能異常が回復。器質破壊の修復が行われる。

 

座学、実技共に難しいですね笑

また、来月も頑張ってきます!nico

投稿者: 五ノ神接骨院

メールでのお問い合わせはこちら