2020.10.31更新

 手技風景

 

皆さまこんにちは
スタッフの鈴木です!(・∀・)

 

本日は、毎月一回恒例のSPATという新たな施術の獲得に向けた勉強会に参加してきました!

 

SPATとはSotaiho-based Postural Adjust Techniqueの略で、

 

「操体法を基盤においた骨盤矯正法」を意味します。

 

このSPATは操体法の創設者である故・橋本敬三医師の弟子であった

鹿島田忠史医師が開発した手技です!

 

この操体法が非常に気持ちよく、患者様自身の力を使って施術を行なっていくので無理なくできます!

 

この施術の基盤となる操体原理の法則の一つ目を説明したいと思います!

 

第一の法則は、気持ちよかったは体に良いです!これは、単純に気持ちいいなと感じることは体にとって有利に働きますよということです。

 

当たり前のように聞こえますが、人間がここまで進化してこれたのはこの機能が備わっていたからだと考えられています。

 

 

例えば、「痛いな」「苦しいな」と感じることが体にとって良い事だったらどうでしょうか?

 

進んでその行為をやろうと思いませんよね?

 

気持ちいいと感じる行動を人間は選択し、結果としてその行動が今日まで人類が生存している理由なのです!

 

では、具体的にどういったことやったらいいのかというのは次回書きますfun

 

実技に移りまして、今回は胸椎の施術を学びました。

 

 

側屈(体を横に倒す)回旋(体を後ろや前に回す)の動きの硬さや違和感の改善を目的とし結果として体全体を整えてくれます!

 

施術中は気持ちよく、施術後には動きの改善もみられすごいなと感じましたihi

 

また、来月学びに行ってきます!hand

投稿者: 五ノ神接骨院

2020.10.17更新

足関節の捻挫(前距腓靭帯損傷の疑い)をしてしまい、当院で施術を受けている方がスポーツの競技復帰を果たしました!

 

今回は大切な選考会ということで、不安なくプレーをする為にテーピングを処置しました。

 

 

その日の足関節の状態を確認し、

 

足の状態確認

 

プレーする会場の状態(今回は屋外・人工芝・雨天)を考慮に入れたテーピングを行いました。

 

受付時間外でしたが、テーピングの強度を保ち且つ、

かぶれや締め付けを起こさないようにする為、集合時間に間に合う直前の時間にご来院頂きました。

 

テーピングは怪我の再発予防、パフォーマンスの向上だけではなく、皮膚の損傷や血行障害を起こさせさないことも大切です。

 

 

五ノ神接骨院では、巻いてから外すまでを考えたテーピングを行うことを心掛けております。

 

今回はアンダーラップを巻いた上で、キネシオロジーテープ、エラスティックバンテージ、EBテープという、伸縮性のあるテープを使用しました。

 

足関節テーピング

 

テープも色々種類があり、必要に応じて使い分けています。

投稿者: 五ノ神接骨院

メールでのお問い合わせはこちら