2019.03.27更新

ド・ケルバン病固定

3/23に青梅市にある、こばやし接骨院様と合同で勉強会を行ってきました。

今回のお題は『ド・ケルバン病』です。

ド・ケルバン病は、長母指外転筋、短母指伸筋という手の親指を動かす筋肉が通る腱鞘の炎症です。

このド・ケルバン病に対して、必要以上に過度な固定をせず、動かしたくない所だけを固める固定法をスタッフ一同学んで参りました。

プライトンという材料を用いることで、軽くて日常生活への支障が少ないこともメリットです。

投稿者: 五ノ神接骨院

メールでのお問い合わせはこちら
top_bn13_spimg.png