2019.08.24更新

肘関節の手技

 

皆さんこんにちは!

 

8/24に青梅市 こばやし接骨院にお邪魔して、月に一度の合同勉強会を行いました。

 

今回のお題は「肘関節」です。

 

 

肘関節と一言に言っても、肘関節は

 

・上腕骨と尺骨(前腕の小指側の骨)から構成される腕尺関節、

 

・上腕骨と橈骨(前腕の母指側の骨)から構成される腕橈関節、

 

・尺骨と橈骨から構成される近位橈尺関節(手首の方に遠位橈尺関節があります。)、

 

以上からなされる複合関節です。

 

今回は腕尺関節と腕橈関節に対するアプローチを勉強しました。

 

 

牽引という方法で、内側上顆炎(いわゆる野球肘)や外側上顆炎(いわゆるテニス肘)など、

様々な肘の痛みを抑えることができる手技です。

 

肘が痛くない我々が手技をやられても、やられた肘とやられてない肘では可動域が異なり、非常に楽になりました。

 

 

また、そのあとは肘の内側側副靱帯損傷に対するテーピングを学びました。

 

エラスティックバンテージという、伸縮性のあるテープを用いて肘の外反を抑えます。

 

スピーディーに巻くことができ、装着感も良いテーピング方法です。

 

装着して投球動作を行うと、投球動作は制限されることなく、肘より先が外に行き過ぎずに守られます。

 

羽村市 五ノ神接骨院では、実際にスポーツ選手にこのテーピングを行なっており、好評を頂いております。

 

 

投稿者: 五ノ神接骨院

メールでのお問い合わせはこちら
top_bn13_spimg.png