2022.06.28更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

6月はさまざまな肌トラブルが起こる季節と言われています。雨が多くて湿度が高いですし、気温のバラツキも激しいので、きちんと対策を行っていないと肌荒れが生じてしまう可能性があります。そこで今日は、梅雨の季節に行っておきたい肌ケアについてご紹介していきます。

【梅雨の時期におすすめの肌ケア】

1.収れん化粧水を使う
梅雨の季節は気温も湿度も高いので、皮脂の分泌量が多くなってしまい、肌がべたついてしまいます。そのような状態だと、化粧をしてもすぐに崩れてしまいますよね。そんな悩みを抱えている方には、収れん化粧水がおすすめです。収れん化粧水は、肌に浸透した後で毛穴をしっかりと引き締める効果があります。このような化粧水をつけることによって、サラサラの肌を保つことができるでしょう。

 

2.日焼け止めを塗る
6月は意外と紫外線が強いと言われています。紫外線を多く浴びてしまうと、肌にシミやソバカスが残ってしまう可能性があります。そのため、外出する時はきちんと日焼け止めを塗っておくことが重要です。特に最近はマスクをつけて外出することが多いため、マスクでこすれてもよれにくいものを選ぶ必要があるでしょう。

 

3.サラサラの保湿アイテムを使う
6月は案外肌が乾燥しやすくなってしまいます。特に肌がべたつく人の場合、保湿バリア機能の低下に気付かず、いつの間にか乾燥していたということもあります。そのため、しっかりと保湿ケアを行うことが重要です。しかし、皮脂の量が多いとべたついてしまうので、さっぱりとしたテクスチャーのものを使用するようにしましょう。

梅雨の時期はしっかりと肌ケアをしていなければ、さまざまな肌トラブルが発生してしまいます。そのため、きちんとケアすることが重要です。特に大きな問題となるのが、紫外線と乾燥です。ぜひ梅雨の時期にピッタリと合うケアを選択してみてくださいね。

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら