2022.10.31更新

from  院長 中村 優樹
五ノ神神社より

 

秋になると、徐々に朝晩が冷え込んできます。そのことによって、鼻水やくしゃみが出る寒暖差アレルギーが多く発症するようです。そのため、事前に対処しておかなければ、過ごしづらいと感じるかもしれません。そこで今日は、寒暖差アレルギーの対処方法についてご紹介していきましょう。

 

【寒暖差アレルギーの対処方法】
1.体感の気温差を小さくする
秋になると、朝晩に大きく気温が変わることがあります。そのため、気温が下がる時には、しっかりと温めて体感の気温差を調節することが大切です。特に外出時は自分で調節することが難しいので、必ずマフラーや上着などを持ち歩いておくようにしましょう。

 

2.筋肉をつける
体温調節を行うためには、熱を起こす必要があります。熱を生み出すのは、筋肉です。そのため、しっかりと筋肉をつけておくことによって、身体が自然と体温調節をできるようになります。筋肉をつけることによって、健康的な身体を手にすることができるので、普段から行うといいでしょう。

 

3.自律神経のバランスを整える
秋に寒暖差アレルギーが出るのは、気温差が大きくなって体温調節を行う自律神経のバランスが乱れているからです。そのため、自律神経のバランスを整えるための習慣を身につけておくことが重要でしょう。交感神経が優位な状態が長いと、身体の状態が崩れやすくなるため、自分なりのリラックス方法を身につけておくことをおすすめします。

 

4.身体を温める食べ物を選ぶ
身体を内側から温めると、血行を促進して自律神経のバランスが整いやすくなります。そのため、ショウガやにんにくを使った食べ物を選ぶといいでしょう。

いかがでしたか?寒暖差アレルギーは、誰にでも起こり得る症状です。そのため、普段から自分の身体を整えておくことが大切です。しっかりとリラックスする時間を作ることを意識しておきましょう。

 

 

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.28更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

秋になると、サツマイモを食べるという方は多いでしょう。甘くて美味しいので、おやつとしても最適ですよね。そんなサツマイモは味がおいしいだけではなく、魅力的な栄養素が豊富に含まれています。そこで今日は、サツマイモの魅力的な効能について詳しくご紹介していきましょう。

 

【サツマイモの魅力的な効能】
1.健康的にダイエットができる
サツマイモには、腸内環境を整えてくれる食物繊維と、胃の粘膜を保護したり排便を促す「ヤラピン」という成分が豊富に含まれています。そのため、サツマイモを食べることによって、便秘を解消しつつ腸内環境を整えて健康的な身体を作ることができます。このことから、健康的にダイエットをしたいと考えている方には、最適な食材と考えられているようです。甘みも強いので、満足感を感じることができるでしょう。

 

2.血圧を下げる
不規則な食生活やお酒の飲みすぎ、ストレスがかかる環境で過ごすことによって、血圧が上がってしまうようです。しかし、サツマイモにはカリウムが豊富に含まれているので、食べることによって血圧を下げることができます。また、カリウムはむくみ解消にも効果があるため、むくみやすい方にもおすすめの食材です。

 

3.不眠解消
秋は気候がかなり変わるので、自律神経の乱れによって眠れなくなる方も多くいるようです。そのような方は、積極的にサツマイモを食べることをおすすめします。サツマイモにはトリプトファンやカリウム、マグネシウムなど快眠に効果のある栄養素が豊富に含まれているため、快適に眠ることができるでしょう。

 

いかがでしたか?サツマイモは甘くておいしいので、さまざまな調理方法で楽しむことができます。その上、健康によい多くの栄養素が含まれており、健康的な身体作りに必要な食品です。ぜひ普段から積極的に食べるようにしておきましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.25更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

秋になると、徐々に日が出ている時間が短くなります。それに伴って、さまざまな体調不良が引き起こされることがあるようです。その上、近年は新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務を行う方が増えてきており、よけいに体調を崩す方が増えています。そこで今日は、体調不良を防ぐための方法についてご紹介していきましょう。

 

【日照時間の短さによる体調不良を防ぐ方法】
1.1日1時間は日光を浴びるようにする
秋から冬に変わる頃には、徐々に日照時間が短くなります。そのため、意識して太陽光を浴びるようにすることが大切です。朝起きたらカーテンをあけて、明るい日差しを浴びましょう。そうすることによって、体内時計を整えることができます。

 

2.ビタミンDを摂取する
太陽を浴びる時間が短くなると、ビタミンDの生成量が少なくなってしまいます。ビタミンDは食べ物から摂取することもできるので、普段から積極的に食べた方がよいでしょう。ビタミンDが多く含まれる食べ物は、キノコやサケ、イワシです。秋に食べたい食材ばかりなので、楽しみながら健康的な身体を手にすることができるでしょう。

 

3.トリプトファンを含む食材を食べる
日照時間が短くなることによって、身体だけではなく心にも影響があります。そのまま放置していると、うつ病になってしまうこともあるようです。そのため、トリプトファンが含まれた食材を積極的に食べた方がよいでしょう。トリプトファンは幸福ホルモンのセロトニンに変化するため、より精神状態を安定させることができます。トリプトファンが含まれた食材は、肉や魚、乳製品です。

 

いかがでしたか?日照時間が短くなると、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があります。そのため、普段から生活習慣に注意した方がよいでしょう。特に秋は急に日照時間が短くなっていくので、身体が変化についていけなくなる可能性があります。自分の体調の変化には注意しておきましょう。

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.21更新


from  院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

秋はキノコの旬を迎える季節です。旬の時期は最も栄養素が高いので、積極的に食べた方がよいと言われています。しかし、実際にどのような栄養素があるのか知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで今日は、秋に旬を迎えるキノコの中でおすすめの食材について見ていきましょう。

 

【秋に旬を迎えるキノコとその効能】
1.しいたけ
しいたけは、煮物やスープ、炒め物などさまざまな料理に使うことができるキノコです。しいたけはエリタデニンという特有の栄養素が含まれています。この成分は悪玉コレステロールを下げる効果があるため、メタボや生活習慣病の予防に効果があるようです。年齢と共にリスクが上がる病気なので、積極的に食べて身体の状態を整えておいた方がよいでしょう。

 

2.まいたけ
まいたけは、風味や食感がよく、さまざまな場面で使われることが多い食材です。まいたけには、ビタミンDが豊富に含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する働きがあるので、骨の健康を守ることができます。油と一緒にとることによって吸収率が高まるので、炒め物や揚げ物がおすすめです。

 

3.エリンギ
エリンギは、コリコリとした弾力のある食感な上、低価格なので普段から使いやすい食材の1つです。エリンギはキノコの中でも食物繊維量が多いことで知られており、普段から食べることによって便秘解消に効果があると考えられています。食べ応えも抜群なので、ダイエット中にエリンギを選ぶ方も多くいるようです。さまざまな料理に使うことができるので便利でしょう。

 

いかがでしたか?秋が旬のキノコには、さまざまな栄養素が含まれています。健康にも美容にも必要な要素なので、普段から積極的に食べておいた方がよいでしょう。キノコによって最適な調理方法が異なるので、ぜひ事前に調べてレシピを決めることをおすすめします。

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.20更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

秋になると、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのさまざまな症状が出てしまうこともあるでしょう。このような症状が出ている場合、花粉症になっている可能性があります。花粉症は毎年同じ時期に発生するので、その季節を楽しく過ごすことができないと感じる方もいるようです。そこで今日は、秋の花粉症を防ぐ方法について見ていきましょう。

 

【秋の花粉症を防ぐ方法】
1.できるだけ花粉を浴びないようにする
秋の花粉症を引き起こすのは、ブタクサやヨモギなどの植物です。春の花粉症の原因であるスギやヒノキのように、飛散距離は短くて小さな植物が主となっています。そのため、自分の工夫次第であまり花粉を浴びないようにすることができます。特に朝はブタクサの飛来が多くなっているので、公園や空き地など植物が多い場所は避けて行動するようにしておくといいでしょう。

 

2.マスクや眼鏡を着用する
花粉症は、鼻や目の粘膜に花粉が付着することによって、さまざまなアレルギー反応が発症します。そのため、花粉の侵入を防ぐためにマスクや眼鏡を着用することをおすすめします。そうすることによって、花粉症の症状を抑えることが可能です。外出する時には、できるだけ対策をしておくようにしましょう。

 

3.空気清浄機を利用する

外から帰宅した時には、洋服などに多くの花粉がついています。そのため、花粉がついている状態だと、症状がつらくなってしまうことがあります。外出した後には、洋服をはらったり、空気清浄機を使ったりして、家の中は花粉に触れなくていいようにしておいた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?秋の花粉は、日常にある植物が原因となって発症することが多くあります。そのため、普段からきちんと対処しておかなければ、症状がひどくなってしまうこともあるようです。どうしてもつらい時には、早めに病院に行って処方箋をもらうようにしましょう。

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.18更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

秋になってから、くしゃみや目のかゆみが止まらないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?このような症状が長く続くと、普段の日常生活が思うように送れなくなってしまい、困ってしまう方もいるようです。そこで今日は、秋になってから発生する鼻や目のトラブルについてご紹介していきましょう。

 

【秋に起こる鼻や目のトラブル】
1.花粉症
花粉症というと、秋のイメージを持っている方が多いでしょう。しかし、実は秋にもさまざまな花粉が飛んでおり、くしゃみや目のかゆみなどの症状が出てしまうことがあるようです。特に秋に飛ぶ花粉は、住宅街やオフィスにも自生している植物が原因のことが多いです。そのため、発症する方が多数いるようです。

 

2.ハウスダスト
家の中で鼻や目のトラブルが増えるという場合、ハウスダストが原因かもしれません。夏の暑い時期にはダニが多く繁殖していますが、秋になると死骸になってしまいます。それが人の動きや空気の流れによって舞い上がることによって、アレルギー反応が出てしまうことがあるようです。

 

3.風邪
秋に鼻水やくしゃみなどが出ると、花粉症やハウスダストアレルギーなのかもしれないと思う方は多いでしょう。しかし、実は風邪だったというケースもあるようです。秋になると急に気温が下がり出しますし、身体の不調が起こることもあります。そのことにより、免疫が下がってウイルスに身体が負けてしまうこともあるようです。熱も出ている場合には風邪の可能性が高いため、早めに病院にいった方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?秋になると、鼻水やくしゃみ、目のかゆみが止まらないこともあるようです。このような場合、さまざまな可能性があります。長く続く場合には、早めに病院にいって原因を特定してもらうことをおすすめします。事前に対処して、楽しく過ごせるように注意しておきましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.17更新

from  院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

お米がおいしい季節となりました。この時期には、お米を食べたいと思う方も多くいますよね。しかし、ダイエット中の方はお米を食べるのが不安に感じるという方もいるでしょう。そこで今日は、ダイエット中でも気兼ねなくお米を食べる方法についてご紹介していきます。

 

【ダイエット中に気兼ねなくお米を食べる方法】
1.野菜を先に食べる
お米を食べたいけれども太りたくないという方は、まず野菜から食べることをおすすめします。野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、その後に食べる糖質の吸収をおだやかにすることができます。食べる順番を気にするだけでも、吸収速度を大きく変えることができるでしょう。

 

2.冷やご飯を食べる
一度炊いたお米を増やすと、でんぷんの中のレジスタントスターチという成分が豊富になり、体内で吸収されづらくなります。その上、腸内フローラのエサとなり、腸内環境を整えることもできるのです。そのため、冷ご飯を食べた方が太りづらくなるようです。

 

3.玄米やもち麦を混ぜる
玄米やもち麦には、白米よりも多くの食物繊維が含まれています。そのため、このようなものを主食にすることによって、太りづらくなるでしょう。しかし、白米とは味わいが違うため、続けられないと感じる方もいるようです。そのような方は、白米に混ぜて炊くことによって、違和感なく食べることができるでしょう。

 

4.食後にウォーキングをする
お米を食べても太らない状態を作りたいのであれば、食後にウォーキングをするのもおすすめです。食後30分で運動を行うと、血糖値の上昇を防ぐことができます。激しい運動は身体に負担になってしまうため、軽めの運動を行うようにしておきましょう。

 

いかがでしたか?ダイエット中はお米を食べるのが不安という方もいるでしょう。しかし、工夫して食べれば問題なく食べることができる食材です。満腹感も感じられるので、適量を食卓に並べるようにしておきましょう。

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.14更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

健康のためには、適度な運動が必要です。しかし、「なかなか運動が続かない」「普段から忙しくて運動をする気力がない」という方も多いでしょう。特に運動不足の方の場合、運動はつらいというイメージを持っており、億劫に感じることもあるようです。そこでスポーツの日である今日は、運動不足の方でも普段から続けやすい運動についてご紹介していきましょう。

 

【運動不足の方でも続けやすい運動】
1.ウォーキング
ウォーキングは誰でも取り組みやすいフィットネスです。特に意識して行わなくても、自然と行うことができるので、続けやすいと感じる方もいるでしょう。いきなりウォーキングの時間を設けても続かないという方もいるため、普段の生活の中で「通勤の時に少しだけ長く歩く」「毎日家の周りを一周する」など、ちょっとした運動を行うようにすることをおすすめします。

 

2.ストレッチ
普段からあまり運動を行っていない方の場合、いきなり激しい運動をすると身体に痛みが出てしまうこともあります。そのため、まずはストレッチをして身体をほぐすことが大切です。ストレッチで身体をほぐすだけでも、普段の生活の中で多くの筋肉を使えるようになり、運動量が増えます。テレビを見ながらでも行えるので、気軽に継続することができるでしょう。

 

3.スクワット
お尻や太ももなどの大きな筋肉を動かすと、基礎代謝を増やすことができます。そのためには、スクワットがおすすめです。家事をしている最中や家でゆっくりしている時間にスクワットを組み込むだけでも、効果を期待することができます。

 

いかがでしたか?運動というと、行うのが面倒に感じたり、継続できないという方も多くいます。そのため、できるだけ日常の中に組み込んで、負担のないように行うことがおすすめです。少しずつでも継続できるように取り組んで、健康的な身体を手に入れましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.12更新

from  院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

人の身体の60%は水分でできていると言われています。しかし、涼しくなってきたことにより、あまり喉が乾かなくなって水分補給を忘れている方も多いのではないでしょうか?水分不足はさまざまな不調を引き起こすので、普段から意識しておく必要があります。そこで今日は、水分不足によって起こる不調について見ていきましょう。

 

【水分不足によって起こる不調】
1.頭痛
定期的に頭痛が起こって悩まされている方も多くいるでしょう。そのような頭痛も、実は水分不足の可能性があります。水分量が少ないと、血液がドロドロの状態になり、脳に十分な血液が送られなくなってしまうのです。このような状態が続いていると、脳梗塞などの大きな病気を引き起こすことも考えられます。あまりのどが渇くこともないと思いますが、普段からこまめに水分を摂取するようにしましょう。

 

2.便秘
水分が少なくなりすぎると、便が硬くなってしまい、腸内を通過しづらくなってしまいます。そのため、思うように便が出なくなってしまう可能性があります。このような状態が続くと、腸の中に留まっている便が水分を吸収し、より出づらい状態となってしまいます。特にダイエット中の方は普段よりも食べる量が減って便秘になりやすい状態となるため、積極的に水分を飲むようにしましょう。

 

3.むくみ
水を飲みすぎるとむくむというイメージを持っている方もいますが、実は水分不足がむくみの大きな要因と考えられています。大量に水を飲むと、一時的にむくみやすくなってしまうので、こまめに少量ずつを飲むようにしておいた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?水分不足はさまざまな身体の不調を引き起こしてしまいます。涼しくなった今、のどが乾くことは少なくなっていますが、早めに水分補給を行うようにしておきましょう。こまめに飲むことによって、より健康な状態を維持することができます。

投稿者: 五ノ神接骨院

2022.10.11更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

この時期になると、寝ている時に足がつるという方が多くなります。こむら返りはすぐにおさまるものの、その時にはかなりつらいと感じることでしょう。そのため、できれば何も起こらない方がよいですよね。そこで今日は、こむら返りを防ぐための方法についてご紹介していきます。

 

【こむら返りを防ぐ対処方法】
1.水分とミネラルを補給する
汗をかいて水分やミネラルが体外に出てしまうと、足がつりやすくなってしまいます。そのため、外に出てしまった分は自分で摂取する必要があります。10月になって涼しくなると、水分補給をする回数が減ってしまうこともあるので、意識しておいた方がよいでしょう。また、寝る前にはコップ一杯分の水分をとっておいた方がよいでしょう。

 

2.身体を温める
身体を冷やしてしまうと、筋肉が固まって足がつりやすくなってしまいます。そのため、身体を温めておくことが重要です。入浴の際にはシャワーだけではなく、湯船につかった方がよいでしょう。また、寝る時にも涼しい格好よりも、靴下を履いたり長ズボンを履くなどの工夫をしておくことをおすすめします。

 

3.ストレッチを行う
身体を動かす時間が少なく、筋肉を硬直させてしまうと、こむら返りが起こりやすくなってしまいます。そのため、普段からストレッチをして、身体を柔らかくしておいた方がよいでしょう。特にデスクワークの方は、足を下に置いておく時間が長いので、筋肉が固まりやすくなっています。仕事の途中でも屈伸をしたりふくらはぎを伸ばすようにしておきましょう。

 

いかがでしたか?寝ている時にこむら返りが起こると、あまりの痛みに起きてしまって質のよい睡眠がとれなくなってしまいます。そのため、普段から意識して自分の身体のことに気をつかって、痛みが出ないように工夫するようにしましょう。ちょっとした行動で、負担を軽くすることができます。

投稿者: 五ノ神接骨院

前へ

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら