2022.10.31更新

from  院長 中村 優樹
五ノ神神社より

 

秋になると、徐々に朝晩が冷え込んできます。そのことによって、鼻水やくしゃみが出る寒暖差アレルギーが多く発症するようです。そのため、事前に対処しておかなければ、過ごしづらいと感じるかもしれません。そこで今日は、寒暖差アレルギーの対処方法についてご紹介していきましょう。

 

【寒暖差アレルギーの対処方法】
1.体感の気温差を小さくする
秋になると、朝晩に大きく気温が変わることがあります。そのため、気温が下がる時には、しっかりと温めて体感の気温差を調節することが大切です。特に外出時は自分で調節することが難しいので、必ずマフラーや上着などを持ち歩いておくようにしましょう。

 

2.筋肉をつける
体温調節を行うためには、熱を起こす必要があります。熱を生み出すのは、筋肉です。そのため、しっかりと筋肉をつけておくことによって、身体が自然と体温調節をできるようになります。筋肉をつけることによって、健康的な身体を手にすることができるので、普段から行うといいでしょう。

 

3.自律神経のバランスを整える
秋に寒暖差アレルギーが出るのは、気温差が大きくなって体温調節を行う自律神経のバランスが乱れているからです。そのため、自律神経のバランスを整えるための習慣を身につけておくことが重要でしょう。交感神経が優位な状態が長いと、身体の状態が崩れやすくなるため、自分なりのリラックス方法を身につけておくことをおすすめします。

 

4.身体を温める食べ物を選ぶ
身体を内側から温めると、血行を促進して自律神経のバランスが整いやすくなります。そのため、ショウガやにんにくを使った食べ物を選ぶといいでしょう。

いかがでしたか?寒暖差アレルギーは、誰にでも起こり得る症状です。そのため、普段から自分の身体を整えておくことが大切です。しっかりとリラックスする時間を作ることを意識しておきましょう。

 

 

 

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら