2022.07.26更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

夏バテは、夏の暑さによって身体の機能が働かなくなり、体調不良が起こることと言われています。食欲不振や疲労が引き起こされるので、なかなか思ったように行動できなくなってしまうでしょう。そのため、普段の生活の中でしっかりと対策を行うことが重要です。そこで今日は、ツラい夏バテを防ぐための行動について見ていきましょう。

 

【ツラい夏バテ対策】
1.クーラーの設定を下げすぎない
人間は、自律神経の働きによって体温調節を行っています。しかし、あまりにも気温の差が大きすぎると、自律神経がうまく働かなくなってしまうのです。そのため、あまりにも部屋の温度を下げすぎてしまうと、自律神経のバランスが大きく崩れてしまいます。部屋と外気の温度差は5℃以下にしておきましょう。

 

2.栄養バランスのよい食事を食べる
栄養の不足は、夏バテにつながります。そのため、しっかりとバランスのよい食事をとっておくことが重要です。特に夏は暑さのせいで普段よりも疲労がたまってしまいます。そのため、しっかりと食事をとるようにしましょう。疲労回復に効果があるのはビタミンB1なので、ビタミンB1が豊富に含まれたものを食べることによって夏バテを防ぐことができます。

 

3.睡眠をしっかりととる
疲労がたまった状態が続くと、夏バテが引き起こされる可能性があります。そのため、しっかりと睡眠をとって体力を回復することが大切です。普段から十分な睡眠時間を確保しておくことももちろん必要ですが、睡眠の質を高めるために工夫しておきましょう。暑い夜は寝苦しくて寝れないこともあるので、対策が必要です。

夏バテを予防するには、普段の行動が重要です。日常生活で疲労を溜めていたり、栄養がしっかりととれていないと、さまざまな体調不良が引き起こされる可能性があります。そのため、普段から意識して行動することが重要でしょう

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら