2023.07.07更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

7月7日は、日本の伝統行事である七夕です。織り姫と彦星は再会できるのでしょうか。
七夕は昔から大切な行事と言われており、願い事を書いた短冊を笹に飾るという方も多いでしょう。そんな七夕にまつわる食べ物があるということをご存じですか?そこで今日は、七夕にぜひ食べたい食べ物についてご紹介していきます。

 

【七夕におすすめの食べ物】
1.そうめん
七夕は元々中国から伝えられた行事でした。その時に一緒に伝来したのが「策餅(さくへい)」という食べ物です。これは昔から中国で愛用されているねじり菓子で、無病息災を祈るために使われていました。そのため、日本では策餅に似たそうめんを代わりに食べるようになりました。このそうめんは、天の川に見立てて七夕の食べ物として愛用されてきたようです。この時期はお中元とも重なり、そうめんをもらうことも多いので、よく食べられているようです。

 

2.ちらし寿司
七夕に、ちらし寿司を食べるという由来はありません。しかし、日本では昔からお祭りや何かのお祝い事にはちらし寿司を食べるという方も多くありました。そのため、七夕にちらし寿司を食べる家庭もたくさんあるようです。地域によっては、ちらし寿司に似た角寿司やばら寿司などを食べるところもあるようです。

 

3.おくら
おくらをカットすると、星に似た形をしています。そのため、七夕におくら料理を食べるというところも多くあるようです。おくらは、サラダとして食べることもできますし、カレーや味噌汁に入れて楽しむこともできます。さまざまな料理に使うことができるので、あまっても簡単に活用することができるでしょう。

 

いかがでしたか?七夕に決まったものを食べるという風習は、他の行事に比べてあまり定着していません。しかし、七夕を祝う料理はたくさんあります。そのようなものを食卓に並べることによって、より七夕という行事を楽しむことができるでしょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

LINEでのお問い合わせはこちら