2024.01.24更新

【冬場の運転で注意すべきこと】

 

1月は冷え込みが厳しい日がまだ続きますね❄️
道路の凍結や積雪などで、事故が起こる確率が高くなります。
今回は「冬場の運転で注意すべきこと」をお伝えします。

 

【ゆっくり発進・早めに減速】
道路が凍結すると普段と比較し、8倍も道路が滑りやすいと言われています。
特に急に止まることが難しく、早めに減速しないとスリップしてしまいます。
「ゆっくり発進・早めの減速」が大切です。

 

【視野が悪いときは待避】
吹雪や降り積もっている雪が強風で巻き上げて、視界が悪くなることがあります。
その場合はハザードランプをつけて、自分の車の存在を周りに知らせながら減速します。
最寄りのパーキングエリアなどの安全な場所に待避して、視野が確保できるのを待ちましょう。

 

冬場の運転は車間距離を空けて、慎重な運転操作を心がけましょう!
羽村市の五ノ神接骨院でも対応できますので、ご相談くださいね。

交通事故治療は夜22時まで受付しております。

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

LINEでのお問い合わせはこちら