2024.01.30更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

近年、デスクワークの方が増えてきており、毎日長時間椅子に座った状態という方が多くなっています。このような状態が長く続くと、股関節が硬くなってしまうようです。股関節が硬くても日常生活に支障はないと思っている方が大半ですが、実はさまざまな不調を引き起こす要因になっていることが分かっています。そこで今日は、股関節をケアするメリットについて見ていきましょう。

 

【股関節をケアするメリット】
1.下肢の血流改善
股関節の周辺には、たくさんのリンパが集中しています。そのため、股関節が硬い状態だとリンパの流れが悪くなって老廃物を外に排出しづらくなると言われています。股関節をしっかりとケアしておけば、血流をよくして冷え性を改善することができますし、むくみも防止することができるようです。

 

2.姿勢を改善する
股関節が硬い状態だと、骨盤が後ろに引っ張られてしまうので、姿勢が悪くなってしまうことがあります。そのため、股関節をやわらかくすることによって、骨盤のゆがみも猫背も改善することが可能です。姿勢が悪いとさまざまな身体の不調が出てしまうので、早めに改善しておいた方がよいでしょう。

 

3.怪我の防止
股関節は歩く時に重要な部位です。そのため、股関節の柔軟性がない状態だと可動域が狭くなってしまい、思ったように動けなくなることもあるようです。特に加齢等で筋力が低下してしまうと、歩行中に転倒して怪我をするリスクが高まってしまいます。怪我を防ぐためにも、股関節の柔軟性を高めることは大切でしょう。

 

いかがでしたか?股関節が硬い状態で生活を行ってしまうと、身体にさまざまな不調が出てしまいます。そのため、普段からこまめにマッサージやストレッチを行うことによって、股関節周りの筋肉をほぐしておくことが重要です。特にデスクワークの方は意識しておこなっておいた方がよいでしょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

LINEでのお問い合わせはこちら