2022.07.25更新


from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

夏の暑さの中で生活をしていると、それだけで体力を消耗してしまいます。そのため、夏バテを引き起こしてしまう方も多くいるようです。夏バテになると、自分の思ったように行動ができなくなるので、できれば防ぎたいですよね。そこで今日は、夏バテの原因となってしまうことについて見ていきましょう。

 

【ツラい夏バテの原因】
1.気温差による自律神経の乱れ
夏は快適に生活をするため、エアコンのきいた部屋で過ごすという方も多いでしょう。しかし、あまりにも内側の気温と外側の気温が異なると、体温調節を行う自律神経がうまく働かなくなってしまいます。そのことが原因で体調を崩すことも多くあるようです。涼しい部屋でゆっくりと過ごしたいと考える方も多いと思いますが、あまり部屋は冷やしすぎないように注意しておいた方がよいでしょう。

 

2.体内の脱水症状
夏の暑さで汗をかくことによって、身体は脱水症状を起こしてしまいます。汗では水分も塩分も多く外に排出してしまうため、身体の中のバランスが多く崩れてしまうのです。どれだけ水を飲んでも、それだけでは脱水症状はなかなか改善されないので、電解質が多く含まれたドリンクを飲む必要があるでしょう。

 

3.栄養不足
夏はさまざまなイベントが行われます。その上、夏休みもあるので、外出して好きなものを食べることも多くあるでしょう。そのような状態が多くなってしまうと、栄養が偏って栄養不足になってしまいます。また、暑い夜が続くと睡眠中に体力を回復することができずに、スタミナ不足になってしまうことがあります。

 

夏バテになると、自由に行動することができなくなったり、好きなものが食べられなくなってしまうので、夏を楽しく過ごすことができなくなります。そのため、日常の中で夏バテ対策を行っておくことが重要です。暑さに負けないように、健康的な身体を作りましょう。

 

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら