2022.09.13更新

from 院長 中村 優樹

五ノ神接骨院より

 

秋はまだまだ残暑が残る厳しい気候となっています。しかし、夜になると急に気温が下がることもありますし、上旬と下旬では気温差が起きることもあるようです。そのように気温の変動が激しいと、どのような服を着たらいいか迷ってしまう方もいます。そこで今日は、9月の気候にピッタリな洋服の選び方について見ていきましょう。

 

【秋の気候に合わせた洋服の選び方】
1.通気性がよく涼しいものを選ぶ
秋は日中の気温が高い日が多いです。そのため、暑さ対策を行うことも重要です。できるだけ通気性がよく、涼しさを感じられる洋服を選ぶようにしましょう。ただ、夏と同じ格好だと適していないので、秋をイメージさせるカラーを選ぶことがおすすめです。

 

2.薄手の羽織物を持ち歩く
9月は日中は暑くても、夜になると気温が下がってしまうこともあるようです。そのため、夏と同じような涼しい格好をしていると、寒さを感じることもあるので、防寒のための羽織物を持っておくことが大切です。普段から持ち歩いておけば、自分で手軽に体温調節をすることができるでしょう。

 

3.雨風に対応するための着替えを用意する
9月頃には、台風が発生しやすくなります。そのため、必要に応じて雨風対策を行うことが重要です。こまめに天気予報や台風の情報をチェックして、レインコートやレインブーツを着用するようにしましょう。また、濡れた時の対策として着替えを用意しておけば安心です。濡れたままで気温が低い日に放置しておくと体調不良が起きてしまうこともあるため、しっかりと対策を行うことが重要でしょう。

 

いかがでしたか?秋は気温差が激しい季節です。そのため、その日の気温に合わせた服装選びが重要となります。夏と同じ格好をしていると、さまざまな体調不良が引き起こされる可能性もあるので、天気予報をチェックして対策を行うようにしましょう

投稿者: 五ノ神接骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら