2023.10.17更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

お米には腸内環境を整える作用もあるので、ダイエット中でも摂りたい食材です!

お米がおいしい季節となりました。この時期には、お米を食べたいと思う方も多くいますよね。しかし、ダイエット中の方はお米を食べるのが不安に感じるという方もいるでしょう。そこで今日は、ダイエット中でも気兼ねなくお米を食べる方法についてご紹介していきます。

 

【ダイエット中に気兼ねなくお米を食べる方法】
1.野菜を先に食べる
お米を食べたいけれども太りたくないという方は、まず野菜から食べることをおすすめします。野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、その後に食べる糖質の吸収をおだやかにすることができます。食べる順番を気にするだけでも、吸収速度を大きく変えることができるでしょう。

 

2.冷やご飯を食べる
一度炊いたお米を増やすと、でんぷんの中のレジスタントスターチという成分が豊富になり、体内で吸収されづらくなります。その上、腸内フローラのエサとなり、腸内環境を整えることもできるのです。そのため、冷ご飯を食べた方が太りづらくなるようです。

 

3.玄米やもち麦を混ぜる
玄米やもち麦には、白米よりも多くの食物繊維が含まれています。そのため、このようなものを主食にすることによって、太りづらくなるでしょう。しかし、白米とは味わいが違うため、続けられないと感じる方もいるようです。そのような方は、白米に混ぜて炊くことによって、違和感なく食べることができるでしょう。

 

4.食後にウォーキングをする
お米を食べても太らない状態を作りたいのであれば、食後にウォーキングをするのもおすすめです。食後30分で運動を行うと、血糖値の上昇を防ぐことができます。激しい運動は身体に負担になってしまうため、軽めの運動を行うようにしておきましょう。

 

いかがでしたか?ダイエット中はお米を食べるのが不安という方もいるでしょう。しかし、工夫して食べれば問題なく食べることができる食材です。満腹感も感じられるので、適量を食卓に並べるようにしておきましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.10.13更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

水分不足だと、身体にさまざまな不調を引き起こしてしまいます。そのため、普段から意識的に水分をとっておくことが重要です。しかし、一気に水分を摂取しても、急激に吸収されることはありません。そのため、こまめに水分補給を行うことが大切です。そこで今日は、1日の中で水分を補給するタイミングについて見ていきましょう。

 

【水分補給を行うタイミング】
1.起きた時
人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかいていると言われています。そのため、起きた時には身体が脱水状態になっていることがあります。そのため、朝起きてすぐ水分を摂取するようにしましょう。寝ている時に濃くなってしまった血液をサラサラにすることができて、より活発な1日を過ごすことができるようになります。

 

2.入浴前後
入浴の時には、身体が温まって多くの汗をかきます。そのため、前後にしっかりと水分をとっておくことが重要です。入浴前に水分を補給することによってより汗が出やすい状態を整えて、老廃物を排出することができます。また、汗をかいた入浴後にもしっかりと水分をとっておけば、脱水状態を防ぐことが可能です。

 

3.寝る前
先ほどもお伝えしたように、寝ている間には多くの汗をかきます。そのため、事前に水分を補給しておくことによって、睡眠中に血液がドロドロになってしまうのを防ぐことができるのです。寝ている間には水分補給をすることができないので、事前に対処しておくようにしましょう。

 

いかがでしたか?水分不足の状態が続くと、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があります。そのため、普段から意識して食事をとる必要があるでしょう。しかし、のどが乾いていないと忘れてしまうことがあるため、普段の生活で習慣化することが重要です。特に朝晩の水分補給は重要なので、忘れずに行うようにしておきましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.10.10更新

ランニング時の交通事故対策

 

10月はマラソン大会の季節になり、夜にランニングをする人も増える時期。
夜は特に事故の発生率が高いため、今日は夜間ランニングにできる交通事故対策についてお伝えします!!

 

1.黒や紺など目立ちにくい服装は避けること
黒や紺の服装は運転手から認識されにくく、交通事故を起こす一番の要因です。
ランニング中は白や黄色など、目立つ色の服装にしましょう。

 

2.スピードの出しすぎに注意をする
曲がり角をスピードを落とさずに突っ切ったりすると、急に車が出てきて思わぬ事故に繋がります。
曲がり角や視界が悪い場所はスピードを落として、安全確認しながら走りましょう!!

 

3.人通りの多い場所は避ける
交通事故は何も車だけとは限りません。

自転車や歩行者とぶつかることもあります。

ランニングをする時は、なるべく人通りの少ないコースを選び、自分も相手もケガをしないように注意しましょう。

それでももし…交通事故の被害に遭ってしまった場合には、 事故による怪我や後遺症は五ノ神接骨院で対応できます‼️気軽にご相談ください。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.10.10更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

身体の4つのクビ【首、手首、お腹(くびれ)、足首】は冷やさないようにしましょう!

 


徐々に涼しい日が増えてきましたね。しかし、日中は暖かい日も多いので、まだ夏気分で過ごしている方もいるのではないでしょうか?そのような過ごし方をしていると、寝ている時に足がつって起きてしまうことが増える可能性があります。そこで今日は、睡眠中に足がつる原因について見ていきましょう。

 

【睡眠中に足がつる原因】
1.激しい運動をした時
足がつるのは、ふくらはぎの筋肉に原因があります。激しい運動を行うと、汗とともにミネラルが放出されてしまい、筋肉が疲労しやすくなってしまいます。老廃物が溜まっていると、筋肉の血流が悪くなって足がつりやすい状態になってしまうのです。運動不足でもこのような症状が起こることがあるので、普段から適度な運動を心がけましょう。

 

2.水分不足
水分やミネラルが不足していると、身体の中のバランスが乱れて筋肉が硬直しやすくなってしまいます。その状態が続くと、足がつってしまうことがあるのです。10月になると徐々に涼しくなっていくので、水分補給を忘れてしまう方が多くなるようです。このような習慣は足をつりやすくしてしまうため、普段から水や経口補水液を摂取しておくようにしましょう。

 

3.身体の冷え
身体を冷やしてしまうと、筋肉が硬く硬直してしまい、足がつりやすくなってしまいます。10月になると、夜は寒く冷える日が多くなります。その状態で長い時間寝ていると、足がつって起きることがあるかもしれません。そのため、できるだけ温かい状態で寝たり、お風呂に浸かって身体を温めるようにしておいた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?寒くなってくると、足がつりやすくなってしまうことがあります。そのため、自分で身体を温めたり、適度に運動をすることが大切です。また、涼しくなってきて水分を摂取しないことも増えてしまうので、意識的に水分を摂るようにしましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.10.06更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

睡眠は健康のために重要な要素の1つです。しかし、どれだけ寝ようと思っても、なかなか寝付けなかったり、途中で目覚めてしまうこともあるようです。そのため、睡眠不足を解消するためには、普段から生活の中で意識しておく必要があります。そこで今日は、睡眠不足を解消するための方法についてご紹介していきましょう。

 

【睡眠不足を解消するための生活習慣】
1.カフェインをとりすぎない
仕事中に集中力を高めるために、普段からカフェインを摂取しているという方も多いでしょう。しかし、カフェインの効果は5~7時間ほど続くと言われています。そのため、日中に摂りすぎたカフェインのせいで、夜眠れなくなってしまうことがあるようです。カフェインは胃の負担にもなるので、摂取量には注意しておいた方がよいでしょう。

 

2.寝る3時間前に食事を済ませておく
夜寝る直前に食事をしてしまうと、消化のためにエネルギーを使ってしまうので、眠りが浅くなってしまいます。そのため、寝る3時間前までには食事を済ませておいた方がよいでしょう。そうすれば、途中で起きる心配もなくなります。

 

3.ストレッチをする
あまり長く睡眠時間をとることができず、短時間で質のよい睡眠をとりたいと考えている方は、寝る前にストレッチをすることをおすすめします。ストレッチをすると身体が温まり、血行がよくなります。身体がリラックスした状態で寝れば、より質のよい睡眠をとることができるでしょう。また、深呼吸をして心も身体もリラックスさせることによって、よりその効果は高まります。

 

いかがでしたか?睡眠は量だけではなく、質も重要です。あまり寝れていない状態が続くと、身体の疲労が抜けなくなったり、さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。そうなる前に自分の睡眠を見直して、しっかりと眠れるような工夫をしましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.10.03更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

ウォーキングには血液循環を良くしたり、幸福ホルモンを分泌させたり、骨の密度の低下を防いだりと、さまざまな健康効果があるんです!

 

10月になって、徐々に涼しい日が増えてきましたね。こんな今こそ健康な心身を保つために行いたいのが、「ウォーキング」です。ウォーキングにはさまざまな健康効果があるため、日常的に行った方がよいでしょう。そこで今日は、ウォーキングの健康効果についてご紹介していきましょう。

 

【ウォーキングのさまざまな健康効果】
1.血液循環がよくなる
ウォーキングをすることによって、下半身の筋肉が刺激されます。足は第二の心臓と言われており、ふくらはぎや太ももを刺激することによって、ポンプのような動きで下に下がった血液を心臓まで押し戻すことができます。そのことによって血液循環がよくなり、健康的な身体を取り戻すことができるのです。

 

2.腸内環境が整う
腸内環境の乱れは、便秘だけではなくさまざまな病気の一因となることが分かっています。腸内環境を整えるためには食物繊維や乳酸菌を豊富に摂取することも重要ですが、ウォーキング等の有酸素運動も必要です。身体を動かすことによって、自律神経のバランスが整うので、よりよい状態を維持することができるようです。

 

3.気持ちをポジティブにする
ウォーキングのような軽度でリズミカルな運動を行うと、脳内でセロトニンという物質が分泌されます。セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれることもあり、ストレスや不安を軽減してくれるのです。そのため、日々ウォーキングを行うことによって、ポジティブなメンタルを手にすることができるでしょう。

 

いかがでしたか?ウォーキングは身体だけではなく、心にもよりよい作用をもたらす運動です。簡単な方法なので、誰でも気軽に継続することができるでしょう。毎日行う方が効果が出やすいので、負担のない程度で継続して行ってみることをおすすめします。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.09.29更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

夏バテから秋バテ。
バテない身体作りを普段の生活から意識していきましょう!

 

秋になると自律神経が乱れてしまい、身体の不調が出てきてしまうことがあるようです。自律神経が乱れてしまうのは、自分の生活習慣が原因となっていることが多いと言われています。そのため、普段から規則正しい生活をする必要があるでしょう。そこで今日は、自律神経を整える生活習慣について見ていきましょう。

 

【秋に行いたい自律神経を整える生活習慣】
1.トリプトファンが豊富な食材を食べる
自律神経を整えるためには、栄養バランスのよい食事が重要です。その中でも、トリプトファンが入った食品を食べることが重要です。トリプトファンはストレスを抑制する効果のあるセロトニンの材料となるので、副交感神経の働きをよくすることができるでしょう。トリプトファンが豊富に含まれている食材は、バナナや豆腐、乳製品です。普段から意識して食卓に並べるようにしておきましょう。

 

2.腸内環境を整える
腸内環境は、自律神経の働きに影響することが分かっています。そのため、腸内環境を整えることによって、自律神経を整えることもできるのです。特に便秘や下痢などの症状がある場合には、腸内環境が悪化している可能性があります。起床時には水を飲んで腸内を刺激したり、朝食をしっかりととって排便を促すようにしておきましょう。

 

3.負荷のかからない運動を行う
運動を行うことによって、自律神経を刺激する効果があります。激しい運動を毎日行うのは難しいので、簡単な方法で取り組むようにしましょう。最適なのは、ヨガやストレッチ、ウォーキング等です。どうしても運動がつらいという時には、腹式呼吸を行うだけでも効果が得られます。

 

いかがでしたか?自律神経のバランスを整えることによって、身体と心の不調を防ぐことができます。特に9月はそのような症状が出ることがあるので、普段の生活習慣に注意しておく必要があるでしょう。

 

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.09.26更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

さて、あなたの脚を見て診て下さい!
むくんでいますか?むくんでいませんか?

 

秋になると、むくみが強くなってしまうと感じる方もいるでしょう。身体がむくんでしまうと、足が太く見えたり歩くのがきつくなるので嫌だと感じる方も多いです。しかし、それだけではなく身体の中の老廃物がうまく排出されないという状態なので、健康的な身体とは言えません。そこで今日は、秋にむくみが強くなってしまう原因について見ていきましょう。

 

【秋にむくみやすくなる原因】
1.夏の生活の影響が出る
夏に比べて、秋は涼しくて過ごしやすいと感じる方もいるでしょう。しかし、まだまだ暑い日も続くため、冷たい食べ物や飲み物を選んでしまったり、露出度が高い洋服を選んでしまうという方もいるようです。このような習慣によって、むくみが強くなることが考えられます。

 

2.気温差が激しい
9月は昼間は夏のように暑く、朝晩はかなり気温が低いという日も多くなります。その気温差は、10℃以上の気温差になることもあるようです。このような気候だと、昼間にたくさん水分をとってしまい、夜には身体が冷えて血行が悪くなり、水分をうまく排出できなくなってしまうのです。このようなことによって、むくみがひどくなってしまいます。

 

3.自律神経の乱れ
秋は美味しい旬の食べ物がたくさんあるので、つい暴飲暴食をしてしまう人が多くなります。また、長くて過ごしやすい夜は、ついつい夜更かしをしてしまうこともあるようです。このような生活習慣によると、自律神経が乱れてしまうことが考えられます。秋の過ごしやすい気候を楽しみつつも、健康的な生活を行うことが重要でしょう。

 

いかがでしたか?秋になると、気候の変化や夏の影響によって身体がむくみやすい状態となります。むくみだけであれば大きな問題ではないと考える方もいると思いますが、老廃物を排出できない状態なので身体の不調が悪化してしまう可能性があるようです。そのため、早めに対策をするようにしましょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.09.22更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

血液型で性格診断ができるということは、多くの人に知られています。誰でも一度は自分の血液型と照らし合わせてみた経験があるのではないでしょうか?しかし、実は血液型によってなりやすい病気が決まっているようです。事前に自分がなりやすい病気が分かっていれば、それにならないための対策を行えるので把握しておくことがおすすめです。そこで今日は、A型とB型の方がなりやすい病気についてご紹介していきましょう。

 

【A型がなりやすい病気】
1.胃がん
A型の人がなりやすい病気として、胃がんが挙げられています。胃がん以外にも消化性の潰瘍症例があると言われているため、普段から消化を促進する食べ物を積極的にとるようにした方がよいでしょう。

 

2.心筋梗塞
A型ではない人に比べて、A型の人は心筋梗塞になりやすいことが分かっています。心筋梗塞は自分の生活習慣が原因で起こりやすい病気の1つなので、食事・運動・睡眠といった自分の習慣を見直して改善した方がよいでしょう。

 

【B型の人がなりやすい病気】
1.糖尿病
B型の人は糖尿病になるリスクが高いです。糖尿病は自分の食生活が原因でなりやすい病気です。そのため、普段から糖質制限を行ったり、塩分をとりすぎないように注意した方がよいでしょう。

 

2.すい臓がん
すい臓がんもB型の人がなりやすい病気です。すい臓がんは症状があまり出ないので、気付いた時には重症化している可能性が高いです。そのため、定期的に検診を受けて異常は早く発見するようにした方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?血液型によってなりやすい病気を理解しておけば、早めに対処をすることができます。病気によっては、発見した時にはもう遅いということも考えられます。そのため、普段から病気のリスクを下げるための行動を習慣にするようにした方がよいでしょう。

投稿者: 五ノ神接骨院

2023.09.19更新

from 院長 中村 優樹
五ノ神接骨院より

 

ここ最近、ゆらぎ肌という言葉が有名になっています。季節の変わり目には肌が不安定な状態になり、刺激を与えることによってかゆくなったり、肌がごわついたりという症状が出ることがあるようです。特に9月は気温が下がってきますし、空気も乾燥してしまうので、肌が荒れやすいと感じる方もいるようです。そこで今日は、季節の変わり目に最高な肌トラブルの防ぎ方について見ていきましょう。

 

【ゆらぎ肌の対処方法】
1.丁寧にクレンジングを行う
秋には、夏に受けた紫外線の影響で角質がたまっています。そのため、普段よりも念入りにクレンジングを行う必要があるでしょう。ただ、しっかりと汚れを落とそうとして強くこすってしまうと逆効果になります。できるだけ刺激を与えないように優しく行い、人肌程度のゆるま湯で洗い流すようにしましょう。

 

2.しっかりと保湿をする
夏の気候は湿度が高くて暑いですが、秋になると徐々に寒くなり始めて空気も乾燥します。そのため、夏と同じスキンケアを行っていると、肌がカサカサになってしまうことも考えられます。秋になったら、しっかりと保湿ケアを行うことが大切です。いつも以上に力を入れて、保湿効果の高い化粧品でケアするようにしましょう。

 

3.ストレス解消を行う
ストレスが溜まってしまうと、ニキビや吹き出物ができてしまう可能性があります。そのため、できるだけストレスのかからない生活を行うことが大切です。仕事等でストレスがかかりやすいという方は、自分なりのストレス解消方法を見つけて行うようにしましょう。

 

いかがでしたか?気候が大きく変わる9月には、肌の調子も大きく変わります。そのため、夏とは違う方法でケアする必要があるでしょう。また、ストレスもゆらぎ肌の原因です。普段からできるだけストレスを解消するための行動を行うことをおすすめします。

投稿者: 五ノ神接骨院

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

LINEでのお問い合わせはこちら